5月 「 裏庭 」


家の裏側にまわってあたりを見渡すと,たくさんの種類の植物たちが目にはいってくる.夏にはまだはやく春はまた来年,という季節だ.おもての庭とちがい裏庭はまったく放任されている.荒れ果てている,というのではなくただ,植物が各々に育つ場所を自分自身で選んでいるような感じ.なのでよくみるとゆるやかな植生分布を発見することができる.半日陰で湿ったところを好むユキノシタと,同じような環境を好むフキとは,この裏庭ではそれぞれが違った場所を選んでいる.どうやら住み分けのルールがあるようだ.
人が通るところは土が固く締まっていて植物は侵入してこない.だけど植物の生い茂る奥深くには人が入ってゆけない.近所にすんでいる猫はそんなことはお構いなしに通りたいルートを選んでマイペースに歩んでる.裏庭のいい加減さというものはかなり好きだ.