Hの減築 / Reduction in "H"

築35年の住宅リノベーション。
延床面積55坪の既存建物を2つの減築により、現代そしてこれからの生活にあったもの
へと再構成することを目指した。
既存2階の大まかなアウトラインをそのまま1階に落とすことで「37坪 ほぼ総2階建物」
と「2つの下屋」ができる。2つの下屋の1つの外壁をポリカーボネイト波板に交換する
ことで半屋外のスペースとし( 実体の減築 )、もう1つは庭に面して木製建具で囲い、
機能の無いスペースとした( 用途の減築 )。
これらの2つの減築は豊かな庭との関係を再設定し、居住用途以外の用途(ショップや
アトリエ、ギャラリーなど)を住居内に持ち込む。


掲載:新建築 住宅特集 2016年2月号 
 






改修前



改修後





















PHOTO | 田所克庸 Katsunobu Tasho


敷地 : 滋賀県大津市
主要用途 : 住宅/多目的な用途のスペース                   
敷地面積:713.11m2
延床面積 : 179.91 m2
構造 : 木造/リノベーション
設計期間 : 2014.03-06
工事期間 : 2014.07-12

Location : Shiga City/JAPAN
Principal use : House/Multipurpose space

Site area : 713.11m2
Total floor area : 179.91 m2

Structure : Wood / renovation

Design : 2014.03-06

Construction: 2014.07-12